東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の雨漏りの事なら隅田屋工業株式会社へ!

‘事例紹介’

事例紹介

006 埼玉県会社本社ビル新築工事

工事の概要

新築時におけるの定番のアスファルト防水です。アスファルトシートを貼り付けます。釜を焚いて固形アスファルトを溶かすアスファルト熱工法に比べて、臭気、煙の発生が軽減できる、環境に配慮されたトーチ工法となります。

また、断熱材を敷き込み、外断熱の効果を持たせます。これにより建物の躯体コンクリートへの熱による膨張・収縮を和らげます。

作業の紹介

既存状態の確認

何の防水処理も施していない、コンクリートが剥き出しの状態です。
コンクリート打ち込み時のバリやゴミなどを綺麗に掃除します。

プライマーの塗布

掃除の後は、コンクリートにプライマーを塗っていきます。

漏水対策処理

平場と立上りの入隅にアスファルトゴムシールを打込みます。

コンクリートの打ち継ぎ部でもあり、躯体の弱点です。ひび割れ等の症状が出易い部分の為、万一の場合に備え下シールとして打っておきます。

断熱材の貼付け

断熱材を均等に並べ貼り込みます。
建物の躯体を覆う外断熱工法は、建物自体が熱の影響を受けにくい為、冷房や暖房の効果が得易いのも特徴です。

35mm厚のポリウレタンフォーム断熱材です。

1層目シートの貼り付け

断熱材を張り込んだ後は、改質アスファルトシートを貼ります。1層目に貼るシートには通気を目的とした接着層があります。このストライプ状の接着面により、内部にこもった湿気や水気、空気を通気させます。

※写真のシートの白い部分には接着剤がついておらず、ここを湿気が通る仕組みです。

1層目シートの貼付完了

アスファルトシート1層目の貼付け完了です。
写真右手に見える突起は、通気シートの下を通ってきた湿気を逃がす為の脱気筒です。煙突の役割を果たします。

2層目シートの貼り付け

アスファルトシート2層目の貼付けです。
このシートには通気層は無く、代わりに表面には防水層保護の為の天然スレート砂が圧着されています。

シートジョイントの確認

隣り合うシートとの重ね幅は10cmとし、溶かしたアスファルトが均一に少しはみ出るようにします。確実な防水効果を得る為に、慎重に作業します。

炙り過ぎると表面の砂が溶け出し、炙りが足りないと十分な防水効果が得られません。

バーナーの火加減がとても大事な作業です。

シート端部処理

シートの端部を棒状の金物で押え込みます。ビスで確実に固定し、金物端部にはゴムアスシールを充填します。

シート系防水工法全般に言えることですが、このシートの端部貼り仕舞いが、後々の漏水の原因になり易い所です。慎重に作業します。

保護塗料の塗布

防水層の保護の為のトップコートを塗布します。見た目もよくなりますし、防水層の耐久性が大幅に向上します。

施工完了

保護塗料を塗り終わった後は、笠木に金物を被せ、完了となります。

施工の内容

工法:改質アスファルトシート防水(トーチ工法)

事例紹介

005 東京都商業ビル屋上防水工事

工事の概要

RC造の商業ビルで、屋上には空調機等の設備が所狭しとぎっしり並んでいました。
このような場所では、排水ドレンの掃除等、定期メンテナンスが疎かになりがちです。
ゴミや埃が堆積し排水口廻りは水溜りとなっていました。このような状態は、防水層に常時水圧をかけている事になりますので、あまり好ましくありません。
大量のゴミ掃除からの作業となりました。

作業の紹介

既存状態の確認

防水層の上に保護コンクリートを打ってあります。強固な保護層ですが年数が経ち、大小の揺れなどにより位置が定まらなくなり漏水の原因を作ります。

大まかなゴミと堆積物を撤去し下地の状態を確認します。

清掃・高圧水洗浄

高圧の水で汚れを除去していきます。
表面にコケなどが残っていると、新規防水層の接着不良や膨れなど様々な原因となります。

緩衝目地の新設

保護コンクリートの揺れを緩衝する為、床には溝(目地)が切られています。

その目地も揺れ等により、幅が広くなったり狭くなったりし本来の役目を果たしているのですが、弾力が無くなった目地材は本来の機能を果たせず、水の浸入も容易にしますので、新たに弾力のあるシール材に打ち替えます。

通気シート貼付け

通気と絶縁の、2点の効果を狙ったシートです。

目地の中に溜っている水や、コンクリート中の水分は、工事中にとりきる事ができません。
そこで通気性のシートを防水層の下に敷き込み、時間を掛けて水気を抜いていきます。

コンクリート下地と防水層を、準絶縁状態にする事が出来る為、下地の挙動の影響を受けづらくなります。

脱気装置取付け

通気シートを張込み、目止め処理を行った後水気を抜く為の脱気筒を立てます。
通気シートの中を通って来た水気が、この筒状の管から抜けていきます。煙突のような役割を果たします。

ウレタン材の塗布

ウレタン防水材を2回塗ります。
2回塗る事で、防水層の規定膜厚を確保します。
仕上がりも良いものになります。

この後、保護塗料(トップコート)を塗り、仕上げとなります。

施工完了

手前の脱気筒からゆっくりと水気を抜いていきます。

結果的に泥やコケを詰めた土嚢袋は18袋になりました。定期的な掃除を心掛けて頂くことで長期に渡り高性能を維持することができる工法です。気付いた時にドレン廻りに溜ったゴミをさっと一つまみして頂ければ、見た目も綺麗な状態を維持できます。

施工の内容

工法:ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

事例紹介

004 清掃センター屋上防水工事

工事の概要

清掃センターの天井から雨漏りがしているということで屋上の調査をしました。
風がよく通る地域の高所ということもあり、既存の防水層が大きく破断し、防水性能を維持出来ていませんでした。原因が明らかになり、早急に破断防水層の現状復旧が決定されました。

作業の紹介

既存状態の確認

ゴムシートの防水層です。
耐久性がよく、下地への追従性に優れる為色々な構造の建物に採用される工法です。

風により笠木金物もいくつか破損しており、そこから防水層も破断していったものと考えられました。接着状況も悪く、早急な工事が必要となりました。

旧防水層の撤去・プライマー塗布

既存シートの接着不良部分を撤去し、新たなシートを貼る為のプライマーを塗ります。
掃除は防水工事の要です。丁寧に行わないとシートを被せた時に、小さな突起となります。突起となった部分を何度か踏めば、そこからシートの破断が始まります。

シート防水に限らず、歩行仕様の塗布防水にも同じことが言えます。
性能や仕上がりを決める大事な工程です。

接着剤の塗布

プライマーを塗った床と、新たに貼り付けるゴムシートの裏面に接着剤を塗ります。

それぞれの接着剤の貼り付けにはオープンタイムという乾燥時間を置きますが、そのタイミングが難しく、遅過ぎても早過ぎても十分な接着強度が得られなくなります。

シート貼り付け

ゴミや空気の巻き込みに十分注意しながら貼り込みます。

シートとシートのジョイント部が、シート防水全般の一番の弱点になります。
ボンド、接着テープを用いてジョイントし、転圧器にて十分に接着します。

保護塗料塗布

加硫ゴムシートを全て貼り込み、笠木金物の取付け金具を本締めした後は、保護塗料を塗ります。こうすることで防水層の耐候性が向上します。

施工完了

保護塗料を塗り終わった後は、一時撤去しておいた笠木金物を復旧し完了。

施工の内容

工法:加硫ゴム系シート単層露出防水

事例紹介

003 東京都商業ビル外部シール工事

工事の概要

1階外部の化粧シールを打ち替える工事となりました。

経年劣化が進みシール材自体の弾性も無くなりかけていました。1階廻りで人目に着く部分という事もあり、取り急ぎ、今回のガラスサッシ廻りを打ち替える運びとなりました。

作業の紹介

既存状態の確認

劣化が進み、弾性が無くなったシール材は固形化し、金物の動きに対応できなくなってしまいます。接着面が徐々に剥がれ漏水の原因となります。

既存シールの撤去

旧いシール材に切り込みを入れ、全て撤去していきます。

プライマーの塗布

マスキングテープで養生した後、打込み面との接着を良くする為のプライマーを塗っていきます。プライマーをきちんと乾燥させることが大事です。未乾燥のままシール材を充填すると、膨れや接着不良の原因となります。

シール材の充填

専用打ち込みガンにシール材を入れ、接着面に均等に充填していきます。
空気の巻込みに注意します。

シール材の均し

シール材をヘラで均し、押えていきます。
このとき、シール材に空気が巻込まれていると、表面が気泡でぶつぶつになります。
滑らかな仕上げとなるように、慎重に均していきます。

施工完了

防水工事の中でも、特に仕上がりの美しさが要求されるのがシール工事です。

物に合った色をきちんと選定することが重要です。商業ビルのような公共性が高い建物の場合、事前にきちんと打ち合わせをしますが、基本的には既存色に合わせる事が多くなります。

施工の内容

工法:既存シール撤去・新規シール打ち込み

事例紹介

002 埼玉県O様邸ベランダ改修工事

工事の概要

眺めの良い南面2階ベランダの下は、緑豊かな芝生のお庭でした。
そのベランダから水が漏っているという事で、調査をしましたところ、既存防水層にいくつかの経年劣化による破断が見られました。

せっかくのお庭も上から水が漏ってきては気が滅入ります。今回はウレタン塗膜防水をご希望との事で、早速改修にはいりました。

作業の紹介

既存状態の確認

既存はFRP防水というベランダにはお馴染みの工法です。

合板下地のジョイント部に沿って、小さな割れがありました。小さなと言っても、水が浸入るには十分な大きさです。

他には保護塗料の剥がれや細かな欠けが見受けられました。

旧防水層の処理

FRP防水の場合、表面の処理が大切です。
電動工具やヤスリを使い、表層を根気よく剥がさないと、後のものが付着しません。

この工程で気を抜くと、後の工程が全て台無しになる可能性があります。

下地調整材の塗布

研磨作業の後は割れ部の補修をし、全面に下地調整材を塗ります。

調整材の塗布は、成分の異なる防水層を重ねる場合、縁を切る意味で有効です。

プライマー塗布

プライマーを全面に塗ります。

ドレン廻り処理

排水ドレン付近で既存FRP防水が少し痛んでいた為、鉛型の改修用ドレンを差し込みます。
こうすることで既存防水層の影響を受けずに排水廻りを補修できます。

鉛ドレン廻りにポリエステル繊維質の補強布を貼り付けます。こうして鉛という金属質が防水層に与える影響を緩和します。

補強織布の貼付け

ポリエステル繊維質の補強布を全面に貼付けます。

防水下地の動きに対応する為に貼りこみます。
しっかりジョイントさせ隙間なく貼り込みます。

ウレタン材1層目の塗布

ゴミを巻き込まないよう丁寧にコテで均していきます。

この工程で仕上がりの良さが決定します。

ウレタン材2層目の塗布

補強織布の目を完全に消し、且つ段差なく仕上げます。

施工完了

2層のウレタン防水材の上に、保護塗料(トップコート)を塗って完了となります。

ベランダ等、よく使用する部分には滑り止めの粉を塗り込み、歩きやすくします。

施工の内容

工法:ウレタン塗膜防水密着工法(補強織布入り)

事例紹介

001 神奈川県Y様邸 屋上改修工事

工事の概要

屋上にあがる室内階段の天井から漏水があるとの事で、調査した所、既存の防水層に穴が開いており、そこから水が浸入していました。
経年劣化で防水層の弾性も無くなっていましたので、新たな防水層を作る事となりました。

作業の紹介

既存状態の確認

アスファルトシートの防水層です。
耐久性がよく、一般的な新築時の工法なのですが、保護塗料が塗られておりませんでした。
防水層を長持ちさせる為には、保護塗料を塗ることが理想的です。
現状を把握した後は、まず笠木金物を一時撤去します。

旧防水層の撤去

旧く弾力がなくなった防水層を撤去します。新しく形成する防水層の接着をよくする為に丁寧に削ぎ落とす事が大切です。

外部足場などの囲いがない為、細かく掃除と片付けを行いながら、シートの飛散に気を付けます。

下地活性剤塗布

床の健全な防水層は撤去しません。
新規防水層の接着をよくする為、活性剤を塗ります。

下地の出来、不出来が仕上がりや、後の工程の施行しやすさを左右しますので、擦れや斑が出来ないよう均一に塗り込みます。

シート貼り付け

アスファルトシートをバーナーで炙り、シート裏面の改質アスファルトを溶かしながら、ゆっくり丁寧に接着します。
狭い作業場なので、シートの上に乗って作業していますが、季節によっては足の裏が火傷する程の温度になります。

とにかく、作業場からの転落・落下には最新の注意をします。

保護塗料塗布

アスファルトシートを全て貼り込み、笠木金物の取付け金具を本締めした後は、保護塗料を塗ります。こうすることで防水層の耐候性が向上します。

施工完了

保護塗料を塗り終わった後は、一時撤去しておいた笠木金物を復旧し完了。

※少し暗くなってからの撮影ですので青味がかって見えます。

施工の内容

工法:改質アスファルトシート単層露出防水 トーチ工法

安心保障

会社案内

お問い合わせ

Copyright© 2013 隅田屋工業株式会社 All Rights Reserved.